入試で女性不利、40歳以下の約4割が「情報あった」◆Vol.7

コミュニケーション力は「人それぞれ」が7割超
医師調査 2019年4月20日 (土)配信岩崎雅子(m3.com編集部)

Q 受験する大学を選ぶ際に、女性が不利だという情報を判断基準にしましたか。

受験する大学を選ぶ際に女性が不利だという情報の有無を参考にしたかでは、40歳以下の女性全体の約2割が「大きな判断基準にした」もしくは「判断基準の一つにした」と回答。情報を聞いていた人の中で何らかの形で判断基準にした割合は4割を超えた。

40歳以下の男性も、情報を聞いていた人の約2割が「判断基準にした」と回答。回答者全体では、情報を聞いていた人の約3割が「判断基準にした」と答えた。

「情報を聞かなかった」と回答したのは、40歳以下の男女が約半数だったのに対し、41歳以上では女性が約6割、男性が約8割で、40歳以下よりも情報を聞いている人が少なかった。

Q医学部を受験する際、女性が不利な大学があるという情報があった場合、情報源は何でしたか【複数選択可】。

情報が「あった」との回答者の情報源としては、40歳以下の女性では、「高校の先生や塾の講師から」(34.0%)、「両親や周囲の大人から」(22.0%)、「インターネットから」(11.3%)の順に多かったが、男性は「高校の先生や塾の講師から」(31.9%)、「友人から」(19.5%)、「先輩から」「インターネットから」(15.9%)の順に多く、「両親や周囲の大人」の項目に男女で情報源に差が見られた。

「その他」では、「合格率を見れば分かる」などの回答があった。

Q 「18歳時点では一般的に女性の方がコミュニケーション能力が高く、20歳で女性に能力が追い付く男性を救済する意図だった」という理由から、面接で女子学生に事実上の一律減点措置を行っていた大学もありました。医師という職業において、男女でコミュニケーション能力の差を感じることがありますか。

コミュ力「人それぞれ」が7割超

医師という職業における男女のコミュニケーション能力差について尋ねると、全ての年代・性別で7割以上が「年齢に関係なく人それぞれ」と回答した。

40歳以下の男性は、「20歳以降は同じだが、18歳時点ではコミュニケーション能力に違いがある」と回答する人が計1割と他の回答者区分よりも多く、「20歳以降は同じだが、18歳時点では女性の方が高い」が5.5%、「20歳以降は同じだが、18歳時点では女性の方が高い」が4.5%だった。40歳以下の女性は「20歳以降は同じだが、18歳時点でコミュニケーション能力に違いがある」を選択した割合が一番少なかったが、「年齢に関係なく女性の方が高い」は22.5%と一番多かった。